このブログは、アフィリエイトプログラムやアドセンスを利用しています。

建材の「がいし」とは

絶縁部材のこと。

碍子と書く。

電線とそれ以外の箇所に碍子を挟むことで、電気的に絶縁させることが出来る。

これにより、感電事故などを予防している。